家を建てる金額とは?

家を安く建てる方法とは?現実的な方法を提案します。

マイホームをお手頃価格で建設するコツはいくつも存在します。

 

1つの例として人件費を押えるため、できる限りあなたがご自身で可能なことはあなたがおこなうケースやできる限りお手軽な材料を利用するなど、
細部にわたりコストダウンを図ります。

 

しかし、お手頃価格でマイホームを建設することが可能ですが、手間も労力もかかりますし、ズバリ言うと簡単ではない話です。

 

付け加えるならマイホームを建設するからには、予算を減らすだけでなく、、抑えるところは抑え、掛けるところには掛けることが重要なポイントです。
そうするためにマイホームのお値段はいかにして設定されているのかということをきちんと理解することが求められます。

 

マイホームの予算はいかにして組まれるのか?。

 

マイホームの予算はただ何となく決まるということはありません。キチンとしたセオリーがあり、そのセオリーを明瞭にしていくと、マイホームのご予算が理解できます。

 

マイホームのお見積り書の内容を確認すると、主に3つに分かれています。

 

  1. 本体工事費
  2. 付帯工事費
  3. 諸費用

 

本体工事費

 

本体工事費は、全体の7割から8割の大部分を占める費用で、マイホームの基礎から内装、構造材、屋根組等の家本体の工事費のことをいいます。
規模や仕様によって金額が大きくことなります。

 

付帯工事費

 

付帯工事とは、外構工事(駐車場あお庭)や給排水の引き込み工事、既存住宅の解体工事、土地の造成工事、地盤改良工事などのことを言います。、
付帯工事の目安は、2割前後ですが、造成費用や擁壁工事等が重なると、想像以上のお金が必要になるので注意が必要です。

 

諸経費

 

諸経費とは、登録免許税や司法書士、土地家屋調査士への報酬、銀行融資手数料、設計士へ支払う、建築確認申請費用等が必要になります。
また、最近では、長期優良住宅やゼロエネ住宅が人気を集めていますが、長期優良住宅等を建てる際には、その申請費用も必要になります。

 

諸費用は、基本的に現金払いになります。

 

諸費用まで銀行融資で済ませる場合のことを、フルローンと言います。
諸費用の目安は、全体の1割前後ですが、諸費用も引越し費用や家財購入、仮住まいの家賃など、それぞれのご家庭により必要な金額がことなります。

 

建物が大きくなればなるだけ金額がUP

建物の費用(本体工事費)は、建物が大きくなればなるだけ金額がUPします。

 

家の骨組みである材木の量が増えますし、壁が増えると、その分だけ、石膏ボードも増えますし、建具の数も増えていきますので、それに比例して大工などの手間代金(人件費)が増えます。

 

お手頃価格でハイレベルなマイホームを建設するコツ

 

お手頃価格で良質なマイホームを建築するコツは、建物の形をシンプルにする方法があります。

 

家の形が複雑になればなるほど、コスト高になります。
形が複雑になるということは、材料を切ったり、形をあわせたり、人件費が増えていきますし、材料費も増えます。

 

例えば、単純に角が増えると、外壁のコーナー材が14本前後増えていきます。

 

2箇所で28本、3箇所で42本増えます。

 

 

材料費だけでも、4万円~5万円UPして人件費も4万円~5万円UPするので、それだけで10万円の価格UPです。

 

 

外壁だけで10万円UPですから、内部の材料や人件費を考えると、いかにシンプルな家にするべきか理解できます。

 

水回りが高額

その他にも、住宅の建設費用に大きなウエイトがかかるのが、水回り商品です。
水回りは、キッチンだけこだわる、又は、ユニットバスだけこだわる等の、優先順位を付けておいたほうが良いでしょう。

 

まとめ

マイホームを新築するときは、必ず予備知識を入れなければいけません。

 

  • 間取りに関する知識
  • 見積もりに関する知識
  • 着工から引き渡しまでの流れ
  • 銀行融資に関する知識
  • 等など

 

焦って契約することが最も失敗に繋がります。

 

ゆっくり焦らずに一つ一つ決めていきましょう。

更新履歴