家を建てる金額とは?

注文住宅の間取りを考えてみよう!重要なチェックポイントとは?

マイホームの図面を想定するとき、リビングやダイニングをできる限り大きくしたいという望みが強すぎて、結果的に、収納が不足している、お手洗いが狭い、脱衣場が狭い、動線が悪くて不自由という場合もあります。

 

玄関、廊下、トイレ、脱衣室や浴室など後回しになりがちですが、バランスよく考えていかないといけません。つまり、必要な箇所に必要な面積を割り当てた後に、メインのお部屋(リビングやダイニング)の広さを決めていきます。

 

水回り

間取りで肝心なのは水回りです。水回りとはキッチン、洗面所、トイレ、お風呂などです。家事を行う奥様(一般的に)の負担を軽減できるような動線を考え最初に位置や面積を決めます。

 

トイレ

畳1枚分の空間に設計をする傾向にありますが、少し広げて121センチ×182センチにするとカウンターや手洗器、トイレットペーパー収納等を設置可能になり、ますます使い勝手が良くなります。お手洗いは元々隙間に設置することが多いので、多少広くするだけでも印象が大きく変わります。

 

キッチン

 

キッチンには、壁付けや対面式、アイランドキッチン等など、いろいろな配置が考えられます。

 

一般的に多いのは、I型を対面式にする方法です。アイランドキッチンだと、大きすぎて、スペースを取りすぎてしまいます。また、完全に隠してしまい、壁型に配置される方もいらっしゃいます。(年配の方に多い)

 

玄関

玄関はお客様に頻繁に見られる場所なので、大きくさせようとする考えは理解できますが、むやみに大きくすると失敗してしまいます。下駄箱と洋服掛けを入れても、下足入れとコート収納のクロークなどをいれて1.5坪(3畳分)くらいあれば十分です。余裕があれば1畳分くらいのシューズクロークがあるとべビーカーや買い物カートも収納できて便利です。

 

リビング&ダイニング

家族構成によっても違いますが、30坪くらいの住宅で12?15畳くらいがバランスが良いでしょう。続き間といって、障子や襖など建具で仕切りができる部屋を隣接して計画すると、広くも狭くもリビング&ダイニングを使うことができて便利です。続き間は普段は家族のスペースとして、来客時には客間として便利に使うこともできます。

 

使いやすい収納にするには

収納の基本は使うものを使う部屋にしまえるようにすることです。玄関で使う下足や冬のコートは玄関に、トイレで使うペーパーや掃除道具はトイレ内に、脱衣室や洗面所でつかうものもそれぞれの場所にきちんと収納を確保するようにすると、暮らし始めてからモノが部屋に溢れないのでスッキリ快適に暮らすことができます。小さな住宅であればあるほど、きちんと収納を計画することが大切になります。

 

 

納戸がおすすめ

 

納戸の中は、自由に収納ができるので、おすすめです。安いテーブルを置いて、2段に収納したり、メタルラックを活用したりなど。

 

使い方は自由ですので、大容量の収納ができる納戸がおすすめです。建具は、開き戸にしてしまうと、収納力が落ちる場合がありますので、引き戸がおすすめです。

 

くらしの快適性に違いが出るコンセントの設置

コンセントを使用する家電品が増えてきました。一昔前は、コンセントの位置だけに気を配れば良かったのですが、現在では、スマホの充電や加湿器等の利用を考えて、位置だけでなく、コンセントの高さにも注意を向けましょう。

 

また、お掃除ロボットを収納する目的でクローゼットの中にコンセントを設置するという方もいらっしゃいます。具体的に生活を想像することは難しいですが、出来る限り入居後の生活を思い描き、コンセントの位置を決めましょう。

 

スマホ充電用のコンセント等の高さは、リビングチェストを置くと想定して、床から90cm前後がおすすめです。

 

まとめ

マイホームをプランニングする時点で最も肝心なのは間取りです。ご家族それぞれ、重要視するのは、部屋の大きさや部屋数だけに限らず、日当たりや風通りも考えて計画を進めるようにしましょう。