家を建てる金額とは?

注文住宅には頭金は必要なのか?0円でも家が建てられる??

 

注文住宅を新築するとき、予算心配をする方は多いと聞きます。

 

注文住宅を新築する時には、建築費用や土地購入代金以外にも、外構工事費や諸経費などたくさんのお金が必要になります。

 

注文住宅で最初に必要になる費用が頭金です。
近年では頭金無しでもも住宅ローンを利用できるようになったため、頭金0円で注文住宅を計画する人も多くなりました。

 

しかし、頭金にはメリットとデメリットがあります。簡単に頭金0円を選択するべきではありません。
頭金の額は、、生活パターンや人生設計に合わせて決定することが重要です。

 

実際に頭金はいくらぐらい用意すれば良いのか?!

 

このサイトでは、頭金を入れるメリットや頭金無しのデメリットをお伝えします。
頭金の額に、悩んだ時は、ぜひご参考下さい。

 

頭金の相場や目安とは?

通常であれば頭金は建築計画の2割前後が相場と考えられています。

 

近年では都市銀行や地方銀行、ネット銀行なども住宅ローンに注力していますが、以前の、住宅ローンは住宅金融支援機構を主に利用していました。

 

 

当時は、建築費用の8割が貸出しの上限と規定してあり、建築費総額の2割は頭金を準備しなければ注文住宅は建てられませんでした。

 

近頃では、注文住宅の建築資金の全額を融資してくれる銀行等も多くなってきたので、頭金は必ずしも必要ではなくなりました。

 

注文住宅を取得した人は現にいか程の頭金を準備しているか見てみましょう。
2017年6月に発表された、「2016年度フラット35利用者調査」によると2016年度の頭金の平均は682.3万円でした。

 

近頃では2割に固執する必要ありませんが、依然として目安の「2割」の頭金を準備している人が多いようです。

 

頭金無しのデメリットとは?

頭金なしで住宅ローンを借りるとリスクもあります。
頭金無しのリスクとして、5つのことがあげられます。

 

  1. 住宅ローンの審査にとおりにくい
  2. 住宅ローンの金利優遇が受けられない
  3. 月々の返済額が高くなる
  4. 完済までの期間が長くなる
  5. 担保割れの可能性

 

注文住宅の頭金に関してはメリットとデメリットを把握した上で判断しましょう。

注文住宅に頭金は必要なのか?記事一覧

注文住宅を建てる方の多くは、住宅ローンを組んで建てると思います。住宅ローンの借りられる額というのは、基本的に年収や属性(会社員や自営業)によって左右されます。それにプラスαして、物件の担保価値によって決まります。大体の目安としては、年収の5倍〜6倍が目安です。収入合算でマックス借りるのは危険です。あるご家庭で、旦那の年収350万円、奥様の年収150万円だったとします。収入合算すると、500万円です...