家を建てる金額とは?

マイホーム新築の坪単価の計算方法とは?延べ床面積や施工面積とは?

ハウスメーカーのCMやチラシでよく見掛ける「坪単価」ですが、1坪(約3.3m2)の建築費用がどれぐらいなのかを示す一つの目安になります。

 

基本の計算は「本体価格」を「延床面積」で割ると坪単価が出ます。
例えば、本体価格2000万円、延床面積40坪の家は坪単価50万円になります。

 

「延床面積」とは、それぞれの階の床面積を合計した数字です。同じような言葉で建築面積がありますが、全く別ものなので誤解してはいけません。
また、坪単価を計算するときに、ハウスメーカーや工務店によって、坪単価の計算方法が異なる場合があります。

 

本体価格を延べ床面積で割るのではなく、「施工面積」で割る場合があります。
施工面積とは、延床面積には含めない、部分(バルコニーや吹き抜け等)が含まれていて、延べ床面積よりも広くなります。
そのため、施工面積で計算すると、安くなるのです。

 

また、注意しなければいけないことは、

 

  • 建物が小さくなると坪単価はUPする
  • 住宅設備機器のランクを上げると坪単価はUPする

 

40坪の家を20坪の家に変更しても、坪単価は半分にはなりません。
延べ床面積を狭くすることで、支払う絶対金額は下がりますが、坪単価という視点で考えると、割高の家になります。

 

当たり前の話ですが、新築に使う材料のランクUPを行うと建築価格が高くなります。建築価格が高くなるという事は、自然と坪単価もUPするので注意が必要です。
最初に聞いていたよりも、坪単価が上がってしまったという人は、家を小さくしたか、設備機器等のグレードを上げたか、計算方法が誤魔化されていたかしかありません。

 

その他にも、外構工事等の別途工事代金や登記費用や引越し費用等の諸経費も必要になりますので、ご注意下さい。