家を建てる金額とは?

注文住宅の間取りを自分で書く方法とは?

 

注文住宅の間取りを自分で書く方法とは?

 

間取りは経験がない状態で書くといった場合、簡単には書けません。

 

せっかく完成しても、部屋が廊下面していなくて部屋への経路がなかったり上下階の階段の配置が間違っていたりと問題山積みの図面ができあがることもあります。
また、水回りやリビングの位置関係も分からず、うまく進まないこともあります。

 

まずは、設計図の様に精密な間取り図ではなく、ご自身のニーズが通じるような間取り図が描くことができたら注文住宅の相談も快調に進みます。
この記事では、間取りの書き方のテクニックと、紙にに間取り図を簡単に書ける方法をお教えします。

 

まずは、考えをまとめよう!
間取りを書くコツは、いきなり書き始めずに、考えをまとめてから書くことです。

 

必要な部屋を箇条書きする

必要な部屋を箇条書きしましょう!

 

苦労して書き上げた間取り図なのに、必要な部屋が入っていなかった等の場合、大変面倒です。

 

初めからやり直すことになりとってももったいないので、前もって家族みんなで話し合いながら、必要な部屋やできるだけ取り入れたい部屋などを書き出して下さい。

 

南側に部屋を配置するのが基本

 

部屋は南側に並べると太陽光を取り入れやすく、陽が射す快適な部屋になります。
一方で、水回りはお客様に見せる場所ではありませんから、北側に配置することが多いです。

 

まずは、丁寧に書くのではなく、ざっくりと部屋割りを書いていきましょう。

 

1階が決まると、階段の位置も決まるので、自然と二階の間取りも決まってきます。
最初はなかなか難しいものですが、書いていくと自然と書けるようになります。

 

紙に書く時は、マス目がある方眼紙が良いでしょう。
手元に無い場合は、エクセルでマス目を作り、印刷すれば問題ありません。

 

1マスを910mmとします。2マスで畳1枚分の広さです。

 

つまり、畳2枚で1坪の計算になりますので、1616のユニットバスを入れる場合は、
4マス分でちょうど収まります。

 

意外と安い、間取り作成ソフト

 

手書きが難しいと感じた場合には、間取り作成ソフトが8千円前後で販売されています。
楽天やアマゾン等でも購入できますので、ご検討下さい。

 

ソフトを使って書くメリットは消したり、足したりの手間が掛からず楽に書けるところです。
8千円前後の費用で理想の間取りを研究できると考えると安い買い物です。

 

素人の方でも簡単に間取りが作成できるおすすめのソフトは、

 

「3Dマイホームデザイナー」です。ご参考下さい。