家を建てる金額とは?

注文住宅で水回りを安くする方法とは?

 

注文住宅の水回り選びは、重要な項目の一つです。

 

金額的にも、100万円〜300万円前後と予算の割合としても大きいです。
そこで、この記事では、水回りを安く手にする方法を解説します。

 

住宅会社の得意メーカーを聞く

住宅会社には、普段から使っている強いメーカーと普段は利用しない弱いメーカーがあります。

 

住宅会社によっては標準仕様が決められているという話しも聞いたことがあるかと思います。

 

例:この2パターンから選んで下さい。

 

標準品が決められている場合に、同等ランクの他社製品に変更したいと伝えても、差額を頂戴するという話しになります。
その住宅会社が普段から使っているメーカーの場合は、特別単価が出ているのです。

 

多く売ってくる会社には安く、あまり付き合いがない会社からは粗利を大きく、どの業界でも同じです。
出来る限り多くのキャッシュを稼がなければ、メーカーも生き残っていけません。

 

希望のメーカーと強いメーカーが合えば最高です。

あなたが、使いたいと思う希望メーカーがある場合は、そのメーカーに強い住宅会社を探すべきです。

 

そのメーカーが、リクシルなのか?パナソニックなのか?クリナップなのか?タカラスタンダードなのか?

 

請負契約を結ぶ前に、複数社から資料を取り寄せ、どこのメーカーを得意とする住宅会社なのか見極めなければいけません。
つまり、1社だけの見積もりでは危険ということになります。

 

水回りだけでも、50万円程損をしたといことはけして珍しい話しではありません。
損をしない為にも、事前の下調べを行いましょう。

 

建材商社の展示会を利用する

年に数回、全国各地で建材商社が展示会を開催しています。

 

お施主様にも案内がくる(住宅会社を通じて)ので、展示会場で値引き交渉してみるのも良いでしょう。

 

必ず安くなるわけではありませんが、もしかすると展示会特化が出るかもしれません。

 

大きな声では言えませんが、おそらく住宅会社へ得値は出ていると思います。
その割引がお施主様に還元されているのかが問題です。

 

事前に見積書をもらい、その見積もりからいくら下がるのか、その差額を展示会場で聞くようにしましょう。
見積もりをもらっていない段階で、特値で見積もりましたと言われても、実際には大した値引きがなされてないというケースもあります。

 

また、展示会では、各社の水回りを見て触って比較することが可能です。

 

通常であれば、ショールームをはしごしなければ見比べることができませんが、展示会場であれば、何度も気が済むまで見比べることができます。

 

おすすめの展示会は??

様々な会社が展示会を行っていますが、おすすめは、

 

  • ジャパン建材
  • ナイス

 

上記2社の展示会は気楽にお施主様も参加できます。

 

全国各地で展示会がありますし、住宅会社や建材店によっては大型バスの貸し切りも行っています。
見るだけでも勉強(楽しく)になりますので、機会があれば参加してみて下さい。